ホームページに関するお問い合わせ
03-5579-8449
MENU

STAFF

STAFF紹介

挑戦×感謝

FUKUOKA OFFICE

延塚裕次
延塚裕次
延塚 裕次
プロモーション事業部 福岡支店

1979年 福岡県出身。福岡から札幌、大阪、東京と学生時代を過ごし、大手小売流通業のIT会社に入社。企画・営業・保守と多岐にわたり従事してきたが、それまで実感しづらかった社会貢献、医療貢献をしたいという思いが膨らみ、2016年4月に株式会社HERO innovationに入社。2017年2月福岡支店を立ち上げ、現在に至る。

「挑戦」×「感謝」

様々な地域に移り住み、沢山の多くの方々と大切な経験を積ませて頂きました。
これらの経験・環境は人それぞれ違い、それが基本的な個々の考え方の変化や生き方に影響するものだと考えております。

向き不向きより前向きに

向き不向きより前向きに

元々私は自分というものを持っておらず、つまらない人間でしたが、私の生きがいは仲間を笑顔にすることでした。その根本的な“楽しみ“は今でも変わっておりません。
人に役立つことで、どれだけ自分の存在価値が上げられるのか、その思いが日に日に強くなっています。

また、分析をして実行をし、失敗を重ね、さらに可能性の高い戦略を考え行動するように考えるクセが、いつついたものか、これを書きながら思い出しておりました。
受験勉強時代に聞いていた、あるラジオ番組のリスナー(ハガキ職人)として、毎日1度投稿を行い、毎週一度は番組で読まれることをKPIにおいておりました。
読まれるためには、人と同じアイデアであったら、その人達よりも何かが突出していないといけない。人と違う考えであったら、それがいかに奇抜で素敵なものであるか、それをうまく伝えないといけません。
私は後者の考えの人間となったのは、これらの経験があったからでしょう。(受験勉強はさておいて)

挑戦なくしては、成長は計れません。
ただ、その挑戦も考えもしない挑戦は、ほとんど意味がありません。そのために無駄な行動しないよう、分析をし、素早く行動をする。今のビジネスマンに必要なポテンシャルですね(笑)
良くないのは、分析をするのに考えに没頭、分析に時間がかかってしまう、または疲れてしまい、行動が止まること。これが一番良くないことです。
飽く無き挑戦とは、上記のようにならないよう常に動き続け行動することになります。

いつも心にHEROを

いつも心にHEROを

こちらの会社に入社し、まず驚いたのは、社員皆様のポテンシャルや意識レベルが非常に高いことでした。
前職ではエース級と呼ばれる戦力の人たちが、ここでは当たり前のようにゴロゴロと。
考えや行動などのスピードが早く、尊敬できる人たちばかりで、非常に驚きました。
また問題に行き詰まり、困っているときには、ご自身のことのように親身になって、相談、アドバイスを頂き、大変ありがたく、これがHEROなのだと感動し、いつも社員の皆様には感謝をしております。ありがとうございます。

心が清らかで優しい人間は、HEROに向いているのだと改めて思います。
私たちは医療に特化したホームページ制作がメインの広告会社ですが、自分たちが納得できないサービスはご提供しておりません。
ホームページはクリニックの入り口であり、看板です。特に医療をわかりやすく表現するホームページはなくてはならないものです。
また、ホームページに限らず、これからクリニックを開業するにあたり必要なものをご提案・ご提供させて頂いております。
多くのご紹介頂いた企業様、お手伝いさせて頂いたクリニック様から御支持を頂き、大変感謝しております。

残念ながら過去には、ドクター自身のコストカットの意識が高くなり、当社がクリニック開業のお手伝いができなかったクリニックがあります。
全て広告の手配をドクター自身でされて、結果、散々たるものになったとお聞きいたしました。

その結果を知った際には、私はとても心苦しく、歯痒い思いをしました。
多くのクリニック様がこのような結果になって欲しくない。そして多くの患者様に、素晴らしいクリニックがあることを知ってもらいたい。
私がそのリスクの説明を理解させるよう伝えることができれば、このような自体が防げたのではと反省しました。そしてその反省を糧に、改善し、私は働き続けております。

我々HEROは、いつでもアンパンマン精神です!!
多くの患者様、クリニック様に幸せをお届けすることをここに誓います。

お気軽に
お問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

ホームページに関するお問い合わせ
03-5579-8449
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせアイコンお問い合わせ

MPクラウド(メディカルプロモーションクラウド)を標準搭載

広告効果を可視化集患サポートサービス

最新のホームページで
集患・増患対策を強化。