ホームページに関するお問い合わせ
03-5579-8449
MENU

STAFF BLOG

スタッフブログ

2022年9月のコアアップデートと今後の対策について

前回の5月のコアアルゴリズムアップデートに続き、2022年2回目のコアアルゴリズムアップデートが9月12日~26日にかけて行われました。
今回はその内容と、今後の起こるかもしれない「ヘルプフルコンテンツアップデート」の概要・対策についてお話ししていきます。

コアアルゴリズムアップデートとは?

コアアルゴリズムアップデートという単語を耳にしたことのある方も多いかと思いますが、念のため簡単におさらいをします。
コアアルゴリズムアップデートは、Googleが検索アルゴリズムのベースを見直して更新することです。
検索アルゴリズムの一部分を改修することは日々単位で行われているのですが、ベースの部分を調整するのは大がかりとなるため、Googleから事前告知があったうえで、年に2~4回程度行われています。

2022年9月のコアアルゴリズムアップデートの特徴は?

まず最初に、今回は直近と比べるとそこまで目立った順位変動はありませんでした
しかし、その中だと医療・美容・財務関連は変動が大きかった部類に入ります
ここ近年のアップデートは、YMYL(Your Money Your Life/お金や生活)に関するコンテンツへの影響がほぼ毎回起きています。
憶測になってしまいますが、もしかしたらYMYL領域の情報は人の命に関わる重要なものであるのに、正否の分からない情報が溢れてしまっているのかもしれません。

今回のアップデートの特徴で医療系に当てはまるのは下記3つです。

  • コンテンツは充実していないが、ドメインが古くドメインパワーが一定数あったため上位表示されていたサイトが下がった
  • 継続的に更新されている(更新頻度が高い)サイトが上がり気味
  • Youtubeを使っているサイトが上昇気味

この中で注目したいのが3つ目のYoutube(動画コンテンツ)の上昇が5月のアップデート以降どんどん右肩上がりになっているところです。
当社でも動画サービス(MEDIO)や、動画に関するコラムを書かせていただいておりますが、アップデート以降アクセス数も上がっております。
SEO対策の一環として動画対策がオススメであるお話しは以前からさせていただいておりましたが、実際に影響が出始めております。

ヘルプフルコンテンツアップデートに備える

コアアルゴリズムアップデートの直前に、英語コンテンツのみ対象でヘルプフルコンテンツアップデートというものが実施されました。
日本には未導入ですが、恐らく今後導入されるのではないかと思われます。

ヘルプフルコンテンツアップデートとは?

簡単に言うと、「役に立つコンテンツを評価し、役に立たないコンテンツを評価しない」というものです。

Googleが昔から今日まで一貫して主としている「ユーザーにとって役立つ情報を発信するサイトを高く評価する」というところにより深く焦点を当てたアップデートです。

基本的にGoogleは検索キーワードに対してクリーンヒットする情報が載っているサイトが上位表示する仕組みを作っています。

例えば「神楽坂 インプラント」と検索した時に表示されるのは「神楽坂または神楽坂近郊に所在し」「インプラントについて詳しく掲載したページを持っていて」「そのページの中身が豊富である」クリニックが上位表示されるはずです。
神楽坂で検索したのに、渋谷や品川などの歯科医院が出てきたらユーザーは「検索意図と違う」と思いますよね。そのためエリア外の歯科医院は恐らくでてこないはずです。
余談になりますが、そう考えると、医院の立地から離れたエリア名でのSEO対策は現在も困難ではありますが、これからさらに困難になってくると考えられます。(当社の場合、離れたエリア名の場合はリスティング広告をご提案しています)

ヘルプフルコンテンツとして認められやすいコンテンツ

  • サイト全体に一貫性があるか(医療だけに絞っているか)
  • クリニックに関する深い情報があるか(診療・医院理念などそのクリニックにしかないもの)
  • 1ページにつき1つのテーマに絞っているか(たとえばインフルエンザの記事であればインフルエンザの内容だけに絞られているか)
  • 実話や具体的な事例があるか(症例、処置、対処法といった具体例があるか)
  • 1ページを読み終わった後に、タイトルに対するアンサー(目的)を得られているか(たとえばこどもの急な発熱の対処法という記事に対して内容が沿っているか)

ヘルプフルコンテンツとして認められにくいコンテンツ

  • 本・新聞、WEB記事、他のホームページなど、既存のコンテンツを要約したもの(※ご自身の見解を主に書き、補足として要約を入れるのは大丈夫です)
  • サイトの主題(医療)と関係のない記事
  • このサイトでしか得られない情報、意見、見解などがなく、他のサイトでも得られる情報しか掲載されていない記事
  • 1ページを読み終わった後に、さらに情報を取得するために別のサイトを検索しなければならないような記事

さいごに

繰り返しになってしまいますが、Googleが昔から今日まで一貫して高評価すると言っているのは「オリジナルの内容で、ユーザーにとって役立つ情報を発信するサイト」です!
ユーザーがそのサイトに来る理由、来ることで得られるメリットのあるサイトが評価されます。
毎回SEOのお話をするときに同じことを申し上げておりますが、これは不変であるGoogleの基準ですので、ここに立ち返ってコンテンツを作っていくことをおすすめします。
もし、「ユーザーにとっていい情報を発信しているのになかなか順位が上がらない」というクリニック様がいらっしゃいましたら、何か別に原因があるかもしれません。その際はどうぞお気軽に当社にご相談ください。

この記事を投稿した人

相田 千尋
東京支社のメンバーです。
医療系WEB一筋で、WEBディレクター・デザイナー・コーダー・マーケターと様々な業務を経験してきております!
WEBに関するご相談がありましたら、ぜひお任せください。

アイテム別で記事を探す

目的別で記事を探す

  • 集患・増患
  • 検索対策(SEO・MEO)
  • 認知向上
  • クリニック新規開業
  • 求人
  • 科目別で記事を探す

  • 医科
  • 歯科(歯科医院)
  • 最近の投稿

    お気軽にお問い合わせください

    お電話でのお問い合わせ

    ホームページに関するお問い合わせ
    03-5579-8449
    WEBからのお問い合わせ
    お問い合わせアイコンお問い合わせ

    MPクラウド(医療経営管理システム)を標準搭載

    広告効果を可視化し集患をサポート

    最新のホームページで
    集患・増患対策を強化します

    WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com