ホームページに関するお問い合わせ
03-5579-8449
MENU

BLOG

ブログ

医療機関で動画?

今週のHEROブログは、東京の新堀が投稿致します。

今週は、動画広告についてお話させていただきます。

そもそも、医療に動画広告って必要?と感じる先生もいらっしゃるのではないでしょうか。

医療機関でよく活用される広告媒体としては、「ホームページ」「看板」「チラシ」などが連想されることが多いでしょうし、医療機関の先生方が力を入れている、ご相談が多いのも、この3つの媒体がとても多いです。

ですが、今(来年以降、今後更に)とても注目されている広告媒体として、「動画」が挙げられます。

 

私が読んでいる医療雑誌の1ページに、このようなデータがありました。

「今後検討・関心のある広報広告活動内容」のランキングです。

 

1、WEBサイトの拡充 21施設

2、動画配信 16施設

3、LINE 15施設

4、WEB広告 10施設

5、イベント開催 10施設

6、インスタグラム 7施設

 

では、「何故動画配信が医療で注目されているのか、動画がどのように医療機関に貢献できるのか」

こちらの2つについて、お伝え致します。

 

1、何故動画が、医療で注目されているのか?

その理由は、動画の特性にあると思います。

・医療は難しい専門用語が多く、文字だけでは情報を理解しにくい⇨短時間で分かりやすく、多くの情報が伝えられる

・医療は患者様に馴染みがなく、一度聞いても覚えられない⇨記憶定着率が高い

・文字で読むのが面倒⇨ユーザーに見てもらいやすい

・文字やイラストでは、感情が見えにくい⇨感情への訴えかけができる

・TikTokなど、動きのあるコンテンツに接する文化(特に若年層)が定着⇨SNSとの相性が良く、拡散されやすい

 

2、動画が、どのように医療機関に貢献できるのか?

動画は、伝達効率の高さ、情報量の多さから、医療業界でも特に注目されているプロモーション手段の一つです。

患者様の立場になって考えてみると、ホームページやパンフレットなどで多くの情報を正確に得て、更に記憶に留めることは、とても大変です。

それらを解決するために動画を活用したクリニックのプロモーションを行ってみてはいかがでしょうか。

専門性を持っていて、他院とも差別化のできるコンテンツがあるにも関わらず、なかなか患者様に上手く伝えられない、、

といったことはないでしょうか?

 

ご興味のある先生方がいらっしゃいましたら、HEROスタッフまでご相談くださいませ。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

お気軽にお問い合わせください

MPクラウド(メディカルプロモーションクラウド)を標準搭載

広告効果を可視化集患サポートサービス

最新のホームページで集患・増患対策を強化。

お電話でのお問い合わせ

ホームページに関するお問い合わせ
03-5579-8449
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせアイコンお問い合わせ