クリニックプロモーションクリニックの広告・広報を
総合サポート

ラインナップ
  • ロゴ
  • 印刷ツール
    • 名刺
    • 診察券
    • 封筒
  • チラシ
  • リーフレット
  • 折込み/ポスティング
  • 看板/サイン
  • 交通広告
  • ホームページ
  • サイネージ
  • 求人/内覧会
クリニック広報
  • 開業前の広告総合支援
  • 開業後の集患にお困りの方
事例紹介
  • ホームページ制作実績
  • インタビュー事例
  • クリニックプロモーション スタッフBLOG
  • クリニックプロモーション 福岡支店 スタッフBLOG
  • 運営会社
  • 0355798449
  • お問い合わせ

SIGNBOARD看板サイン

新規開業やリニューアルなどで使用される看板は、クリニックの認知度を高め、誘導効果もあり、更には集患アップにつながる訴求力のあるものでなければいけません。看板サインは「店舗のお化粧」だと思っています。クリニックの良さを生かすも殺すも看板サイン次第。建築(内装含む)にこだわる方はたくさんいます。
しかし建築にこだわっていても、最後の店舗サインで手を抜いてしまうと店舗の魅力も半減してしまい、せっかくの建築が台無しになってしまいます。
看板サインは、ロゴマークや看板広告と連動したイメージで製作しますので、患者に伝わるイメージが一貫し、よりクリニックの魅力が膨らみます。

制作のポイント

ターゲットの明確化

患者ターゲットを絞ることで看板の種類やデザインなどがおのずとわかります。年齢・性別・居住地・嗜好・価値観など、患者モデルを細かく設定してみましょう。また、歩行者やドライバーなど、誰に向けたものなのか、見てほしい時間帯はいつなのか、といったことも決めておきます。

情報の整理

情報を詰め込みすぎてごちゃごちゃとしたものや、あまりにシンプルすぎてメッセージが伝わらないものでは効果は期待できません。最低限必要な情報を、誰が見てもわかるように載せるのがベストです。
最低限必要な情報とは「クリニック名」「クリニックのロゴ」「診療科目」「診療時間」の4つ。クリニックの特徴などがある場合には、その旨を4つの情報に加えて記載すると効果的です。ちなみに、通行人が看板の前を通るときに一瞬で認識できる文字数は7~10文字と言われています。

印象に残るデザイン

大きくて派手な看板でもそれが印象に残るとは限りません。パッと見たときに無意識に覚えてしまうような看板がベストです。

<印象に残る看板とは>
  • ・見やすい文字サイズ・フォントである
  • ・写真やイラストを活用している
  • ・デザインが周辺環境に合っている
  • ・情報に一貫性がある

看板の種類

看板サインの制作事例

お問合わせ・資料請求